top of page
検索
  • hyogena

てんかん患者さんへの心理療法




「てんかん」という病名を知っていても、詳しいことはわからない。。というのが一般的な認識かもしれません。しかしてんかんを持つ人は100人に1人いると言われていますので、珍しい病気ではありません。

てんかんという疾患を持つ人の多くは、発作がなければ普通に日常生活を送ることが出来ます。ただ、周囲の人たちに発作の理解がないために、就労で悩んだり、人間関係で悩んだり、、、としんどさを抱え、二次障害として「うつ病」や「不安症」などを抱えることもあります。

私は今までに成人てんかん患者さんの心理療法を数多くしてきました。また心理教育として、当事者・支援者向けに、てんかん学習も行っています。

てんかんに詳しいカウンセラーはあまりいません。主治医に聞きにくいこともあるでしょう。てんかんを理解してもらいながら自分の悩みを打ち明ける場所として、りんく・りんく京都のカウンセリング、心理療法がお役に立てると感じています。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

会話

bottom of page