検索

リハビリテーションアート


リハビリテーションアートに来てくださる方は多種多様です。

認知機能の向上を目指すために様々なアートを用います。

例えば記憶障害のある方に絵を描いていただくのは、何度も対象物を見て視覚的に覚えること、手を動かして運動で覚えること、工程を覚えること、描いて仕上げる喜びを得ること、リラックスすることで記憶力を強化しようとしています。

段取りが苦手な方は、絵を描く工程を考えることによって、遂行機能を高めます。

緊張の高い人は、絵を描くことは一人で取り組めるとても良いツールとなります。

不安の高い人は、創る喜び、完成させる喜び、作品を分かち合う喜びで不安を静めていきます。

絵を描いたり、粘土を使ったり、ペーパークラフトをしたり、楽しむことがリハビリにつながると考えています。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

満席になりました

過日に募集しておりましたクリスマスイベントは、 早々に満席になりましたので募集を閉め切らせていただきます。 ありがとうございました。 次回イベント開催の折にはぜひお申し込みいただきますよう よろしくお願いいたします。