Gradient

About Me

金崎裕美(かねさき・ひろみ)京都市生まれ。

芸術療法士(アートセラピスト)、心理療法士。

大阪モード学園ファッションデザイン学部卒業、東京福祉大学心理学部卒業。大阪モード学園教員を経てHiromi Studio絵画教室を主宰。2009年にアートセラピーなどを施す「りんく・りんく京都」を開設。2011年から国立病院機構・舞鶴医療センター精神科、現在は同・宇多野病院リハビリテーション科に勤務。脳機能の勉強のため、2018-2020年、京都大学医学部医学研究科臨床神経学研究生として2年間在籍。今までに神経心理検査は2500名以上、心理療法は2000名以上(2020年現在)におよぶ。認知症新薬開発の治験検査などにも携わっている。

2021年アートセラピーを主とした「休日こころの相談室」を開設。大きな研究テーマは、「絵を描く技術をリハビリテーションとして確立する」こと。「芸術療法と発達障害」「芸術療法とてんかん」「心理療法とてんかん」については日々の病院臨床をまとめて、国内外で研究発表をしている。

​所属学会:日本芸術療法学会/日本神経学会/日本てんかん学会/日本てんかん学会近畿地方会

日本健康心理学会など。

賞:日本てんかん学会最優秀ポスター賞、アルツハイマーとてんかんを考える会若手奨励賞。

その他:昭和美術会会友推挙、ファッションデザインコンコールは多数入賞歴あり。

資格など:認定芸術療法士/認定心理士/MSPA(発達障害支援)研修修了/MOSESてんかん学習プログラムトレーナー/FaMOSESてんかん学習プログラムトレーナー。

  • うつ

  • 不安

  • 怒り

  • 夫婦

  • 対人関係

  • 認知機能障害

  • ストレス管理

  • ​発達障害

  • ​成人てんかん

158-photo2100228.JPG